タイタンズ活躍選手まとめ

スポンサーリンク

こんにちは、FC伯爵です。

本記事では、ウイコレのタイタンズ出場チーム及び活躍選手をまとめていきます

スポンサーリンク

タイタンズリーグとは

ウイコレ最強のプレイヤーを決める大会です。
リーグ戦で選抜された強豪チームが勝ち抜きトーナメントを行い、優勝の座を争います。

第10回(2022年11月)

第10回はフォメとしては「4-3-3B」を採用するチームが圧倒的に多い大会となりました。

また、前線にはマラドーナやロナウジーニョ、トップ下にはネドウェド、そしてDMFにはダイナモカンテを採用し、DFラインにはハイライズファンダイクブルズピケガーディアンマルキを採用するチームが多かったですね

そして守護神はMVPデヘアスプノイアーのほぼ2強で占められていました。

レジェンド枠の使い方としては、CFやOMFなどの前線を中心にレジェンド選手を採用し、レジェンド枠が余った場合には層が薄いSBにもプジョルやロベカルを採用するチームが多い印象でした。

優勝チーム

FC伯爵
FC伯爵

レジェンド3枠はエトー、ネドヴェド、マケレレでした

まさかのロニーやマラドーナなしでの戴冠です!

準優勝チーム

FC伯爵
FC伯爵

レジェンド3枠はマラドーナ、ロナウジーニョ、プジョルでした

決勝戦は0-1で惜しくも準優勝となりました。

得点王

FC伯爵
FC伯爵

エトーが得点王を獲得です!7位、8位にはまさかのクリロナが入りました

センスとしてはドリブルよりもシュート強化センスを重要視するチームが多いようです

アシスト王

FC伯爵
FC伯爵

クライフ、ロニー、ネイマールのほぼ寡占状態ですね

トップ下で採用率の高いネドヴェドが入らないのは意外でしたが、おそらくネドヴェドの場合はシュートをうつAIが搭載されているので、アシストのスコアとしては上記選手が抜きんでていると思われます

スプネイマールはフラスルが軽く、動きが良いと一部で評判になっていました

ボール奪取王

FC伯爵
FC伯爵

こちらはバラエティ豊かな選手たちとなりました。

DMFにはダイナモカンテ、DFラインにはハイライズファンダイクブルズピケガーディアンマルキを採用するチームが多かったですが奪取王の結果にも表れていますね

セーブ王

FC伯爵
FC伯爵

MVPデヘアスプノイアーのほぼ2強です。2選手はセンスもスキルも同一ですので非常にわかりやすい結果となりました。

第9回(2022年8月)

優勝チーム

FC伯爵
FC伯爵

レジェンドの3枠は「マラドーナ、ロナウジーニョ、マケレレ」でした

準優勝チーム

FC伯爵
FC伯爵

レジェンド3枠は「マラドーナ、ロナウジーミョ、ロベカル」でした

得点王

FC伯爵
FC伯爵

前回はインザーギが独占していましたが、今回はエト、マラドーナの姿が目立ちます

アシスト王

FC伯爵
FC伯爵

クライフ、ロナウジーニョが多くランクイン

ロナウジーニョは前回に引き続きのランクインです

ボール奪取王

FC伯爵
FC伯爵

ベッケンバウアー、ガーディアンのマルキ、マケレレ、ダイナモのカンテが目立ちますね

セーブ王

FC伯爵
FC伯爵

圧倒的「MVP デヘア」の独占状態です

第8回(2022年5月)

決勝チームフォーメーション

優勝チーム

準優勝チーム

得点王

FC伯爵
FC伯爵

インザーギとマラドーナのほぼ独占となりました

アシスト王

FC伯爵
FC伯爵

ロナウジーニョ、デブライネの二強ですね
ロナウジーニョは決勝へ進んだ2チームともに採用していました

ボール奪取王

FC伯爵
FC伯爵

ベッケンバウアーのほぼ独占状態です

セーブ王

FC伯爵
FC伯爵

ほぼノイアーの独占ですね レジェンド枠ではカーンが2位に食い込んでいます

まとめ

セーブ王以外はほぼレジェンド選手が独占している状況でした。
チーム内に3選手入れられるレジェンド選手をどう用いるか、そしてレジェンド選手をどうガチャで当てるか(もしくはイベントで走ってゲットするか)が肝となりそうです。

コメント